calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

無料メルマガ!ほぼ月曜日発行

ブログランキング

↓ 応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

給与は振込額以外も知らなければ怖い?

0
    こんばんは!吉田やすひろです。

    会社員などは、毎月会社が給与計算をした結果、
    各自の銀行口座に給与として振り込まれています。

    振り込まれる時点で、支給額から色々と控除されて、
    差引支給額として振り込まれているのです。
    これが手取りということになります。

    支給額や振込額を意識している人はかなり多いのですが、
    控除額に関しては、なんかたくさん引かれている程度の
    認識しかしていないと言われています。

    もちろん色々な計算根拠があって、
    健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税など
    最終的な控除額が決まっているのですが、
    根拠も知らない人さらに多いと思います。

    よく、働いても働いても給料が上がらない、
    振込額が増えないと言います。
    会社の業績の問題などもありますが、
    もちろんそれだけではありません。

    最近では支給額はなかなか上がらないのに
    控除額だけがどんどん増えて、
    振込されている金額がどんどん減っている。
    そんなことも実際に起きているのです。

    それは健康保険や厚生年金は毎年高くなっていますし、
    40歳になると介護保険も追加されています。

    もちろん所得税や住民税も高くなっています。
    最近では復興増税も含まれています。

    政治では政策などで年収を1.5倍にするなどと
    言ったりしていますが、増えた分は必ず控除される分も
    増えるということになりますので、
    実際は少し所得が増えるくらいかも知れません。

    では、毎月控除されたこれらの金額は、
    いったいどこに使われているのでしょうか?

    税金が無駄に使われているというのは、
    所得税だけのことではないのです。

    様々な控除対象の項目が使われていることも
    しっかり認識しておく必要があると思います。

    先日、年金運用11兆円黒字という記事が掲載されました。
    確かに良いニュースに間違いはありませんが・・・

    今回のアベノミクスによる株価の影響などで
    投資している株があがり、2年連続で黒字、
    さらに11兆円も増えたというのですが、
    実際は少し前にかなり赤字を出しています。

    さらに驚くことは、この運用の基になっているお金は
    国民年金と厚生年金で公務員の共済年金は
    含まれていないのです。

    これは、かなり不安な要素を持つ株などに
    年金運用ということでお金をつぎ込んでいるのですが、
    もし大暴落して大変なことになるのは私たちの年金だけで、
    公務員は全くの無関係?になったりすることも考えられます。

    このように、私たちは所得税だけでなく、
    控除された金額が色々なかたちで利用されています。

    今後は、支給額だけでなく、もっと控除額に意識を持って、
    良いニュースと思っても、本当にそうなのか?と疑って
    調べたり、勉強することも必要なのではないでしょうか?


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック