calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

無料メルマガ!ほぼ月曜日発行

ブログランキング

↓ 応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

仕事の効率化には限界がある

0
    こんばんは!吉田やすひろです。

    仕事をしていると効率が悪い、要領が悪いと思うことがあります。

    それは自分自身の仕事はもちろんですが、
    勤めている会社、上司や部下、取引先、プライベートでも
    同じように感じてしまうことがあると思います。

    これは自分が思っている、すでにしていることと
    あまりにも違ったことを相手がしていて、
    すごく時間がかかったりしていると思うのです。

    心の中では自分ならこうする、自分ではこうしているという思っていたり・・・
    結局どこかで自分と相手を比較してしまっているのですが、
    それは年齢もキャリアも経験も違うので仕方ないと思わなければいけません。

    もし相手が知らないだけならば、根気よく教えてあげればいいのですが、
    それがまたすぐに実行できるかどうか?これは別の問題です。

    ただ、やり方を知らないだけなのか?、非効率とは思っていないのか?
    どこまですればいいかわからないのか?、先のゴールが見えていないのか?
    どこに問題があるのかを知っておく必要もあります。

    しかし、効率化は必ずどこかで限界がきます。
    例えば、30分かかっていたことが10分で出来るようになっても
    それ以上縮めることが出来ないこともあるからです。
    絶対必要時間という限界です。

    もしかすると、いまの実力のままでは限界と感じていても、
    スキルアップする、キャリアアップすることで
    さらなる効率化を行うことは出来るかも知れませんが・・・

    ただ、いくら究極の効率化を求めることは出来ても
    ゼロにすることは出来ないのであれば、
    極論を言うとその仕事、作業自体が必要なのか?を
    真剣に考え、しないと決めるしか方法はないのではないでしょうか?

    結局、効率化は無駄なことを最初からしないことであって、
    作業を行う限り限界があり、これで正解というものもないので、
    相手に仕事を任せたのであれば、極端な遅延や問題がない限りは、
    アドバイス程度に留めておいて、
    信頼して待つしか仕方ないのではないでしょうか?

    相手に任せたことで、自分自身は完全に効率化を
    実行しているわけです。

    ただ、結果として出来次第では、かなり非効率なことに
    なっててしまうことも覚悟の上ではありますが・・・


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック