calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

無料メルマガ!ほぼ月曜日発行

ブログランキング

↓ 応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

中小企業のCSRは大手企業とは違う

0
    こんばんは!吉田やすひろです。

    先日、中小企業とNPOのコラボ、
    中小企業とCSRのプレセミナーに参加させて頂き、
    大変貴重な講義をお聞きし勉強をさせて頂きました。

    お話を聞きながら、過去コンサルタントとして企業を見させて
    頂いたことを思い出し、色々と考えることがありました。

    大手企業と中小企業とのCSRの取り組みは、
    もちろん大手が先行しています。

    言葉のままだと「CSR」は社会的責任ということになります。
    では、何を持って社会的責任とするのか?

    上場している企業になるとCSRは、
    ほぼ当たり前のように1つの事業として
    取り組んでいるというのが中小企業との大きな違いだと思います。

    もちろん株主に対する信用、信頼という部分も考えて、
    IRとCSRがセットになっている感じです。
    ただCSRは、少し広告という部分も含まれている気はしますが・・・

    単純に投資する金額という意味だけで考えると、
    大手の莫大な広告宣伝費と比較すると社会貢献のほうが、
    かなり株主には好印象を与える可能性は高くなります。

    それに業績を上げる、利益を出す、株主に配当する、
    さらに社会貢献することで、社会的責任を果たすという
    感じになるのかも知れません。

    また、上場していることで、必然的に
    様々な社会的責任を果たすことも必要になっています。
    それは、コーポレートガバナンス、コンプライアンス、
    内部統制(J−SOX)なども導入して当たり前だからです。

    上場企業のように必ずしなければいけない状況と
    中小企業のように企業努力という意味では、
    やはりルールや罰則などが設けられている方が
    どうしても先行してまうのは当たり前のことです。

    ただ、今後は中小企業であっても
    CSRに積極的に取り組まないと
    生き残りという意味でも、業者選定の一つの要素として
    含まれてくる可能性はかなり高いと思います。

    過去も品質管理マネージメント、環境マネージメント、
    ISMS、P−マークなども業者選定の要素として
    当たり前のように含まれるようになりました。

    次は、CSR、内部統制の一部が
    中小企業にも求められる時代になっていくのではないでしょうか?


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック