calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

無料メルマガ!ほぼ月曜日発行

ブログランキング

↓ 応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

市民参加、市民協働を超えて市民主導へ

0
    こんばんは!吉田やすひろです。

    最近は、よく「市民協働」ということが言われています。

    私たちが住む福知山市でも、これからの4年間の総合計画は、
    「市民協働」が一番の基本理念になっています。

    ちなみに、
    「市民参加」はあくまでも行政が主導で事業を進めますが、
    「市民協働」は市民と行政が対等で事業を進めるということになります。

    ただ、「市民協働」で事業を行うには、
    大前提として、行政が市民に信用、信頼されていないと
    絶対に成立しないものなのです。

    いまの福知山市の行政は信用、信頼されているのでしょうか?

    この数年でも多くの不祥事が発覚しており、
    その対応も市民が決して納得できるようなレベルではありません。

    過去の不祥事も含めて、再調査、処罰、今後の対策などを根本的に見直し、
    名ばかりのコンプライアンスを全面的に作り直さないといけないのです。

    いまの体制のままでは、「市民協働」というのは、
    一方的に市民に事業を押し付け、責任だけを市民にとらせることになります。

    「透明かつガラス張りの市政」が市民に理解され、
    信用、信頼を取り戻してこそ「市民協働」と言えると思うのです。

    私は、さらに「市民協働を超えた市民主導」を目指すべきだと思います。

    それは、行政から権限と予算を取り戻し、
    自分たちが住む地域のことは自分たちでしっかり考えて、
    住みやすい地域を実現するために行政が全面的に支援することが
    これからの新しい体制であると思っています。

    近い将来、このような体制にするためにも、
    まずは信用、信頼を回復することを一番に考えて、
    市民にも協力してもらえる土台を、この数年で
    しっかり作り直さなければいけないと思います。

    いま言われている「市民協働」は、税収が減るから、お金がないから
    「市民協働=無償ボランティア」などと考えているようにしか見えません。

    あまりにも市民をバカにしすぎているのではないでしょうか?


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック