calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

無料メルマガ!ほぼ月曜日発行

ブログランキング

↓ 応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

もう一度、私たちが望む新しい福知山市に!

0
    こんばんは!吉田やすひろです。

    私たちが4年前に望んだ福知山市に
    いまは本当になっているのでしょうか?

    現職市長の「道半ば」という言葉を借りれば、
    もうすでにその姿が見えていても
    おかしくないのではないでしょうか?

    毎年800億円というお金を使いながら、
    これといった成果が市民に見えない政策は、
    失敗というしかありません。

    国や府から補助金や助成金が出ない事業は、
    いくら市民に必要な政策でも積極的には実施しないのです。

    このままいけば、さらに人口も減少し、税収も減少するため、
    「平成31年からは基金を取り崩します」と堂々と宣言されても、
    それまでに出来ることがもっとあるのではないでしょうか?
    平気で言える行政に、本当に耳を疑いたくなります。

    国も簡単に消費税を上げるというように、
    市町村でも簡単に基金を取り崩すというのです。

    やれること、できることは、
    すべて実施した結果であれば、市民も多少の納得は出来ても、
    今のような堕落政治、利権政治、保身政治を続けたままで、
    そんなことを言われても納得できるはずはありません。

    こんなことをいつまで続けていくつもりなのでしょうか?

    これからの4年で10年後の福知山市が決まります。

    もし市民が間違えた判断をすれば、
    さらに悪化し、危機的状況を迎えることは確実です。

    これまでの4年間は大きな改革は出来ず、
    市民に信頼も大きく失ったと思いますが、
    きっちりと反省をした上で、
    もう一度「私たちが望む新しい福知山市」を
    つくりなおさないといけないのです。

    これからの無駄な4年にするか、新しいこれからの4年にするかは、
    今年の6月の市長選の結果で大きく変わると思います。

    いま、確実に言えることは、
    これまでの4年間で何も出来なかった人が、
    次の4年間で出来るようになるような奇跡は絶対に起こらないということです。

    肩書だけのリーダー、簡単に人に操られるリーダーでは、
    改革どころか、本当の新しい福知山市などつくれるはずがないのです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック