calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

無料メルマガ!ほぼ月曜日発行

ブログランキング

↓ 応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

行政はITベンダーの餌食になる

0
    こんばんは!吉田やすひろです。

    行政のIT化は企業と比べると
    確実に10年以上は遅れています。

    どんなシステムを構築するにしても、
    業務改革が行われていない限り、
    IT化で大きく効率化できるはずがありません。

    現状業務をそのままIT化したことで以前より作業時間が
    掛かってしまうという結果になることもよくあるのです。

    それは従来の仕事の仕方を全く変えることなく、
    無駄な仕事であっても必要であると思い込んで
    ソフトを構築してしまうからなのです。

    ITベンダーからすると担当者から言われたことが
    無駄かどうかは正直どうでもいいことなのです。

    それよりも、いろいろなことをヒアリングという形で
    担当者からあれも必要、これも必要と聞けば聞くほど、
    どんどん機能が増えて金額も高くなるのですから、
    無駄かどうかの判断なんてする必要もないわけです。

    これでは完全にITベンダーの餌食になりますよね。

    ただ、企業ではもうこんなことは通用しないのです。
    大手企業であればITベンダーに依頼する前に
    コンサルタントを雇い業務改革などを行って、
    しっかり現状業務を見直して、IT化に必要なところだけを
    ITベンダーに依頼するからです。
    もうすでに無駄な仕事な無くなっているので金額も少なくなるのです。

    もちろんコンサルタントを雇うお金が別途必要ですが、
    それを考慮してもソフト開発で無駄機能を追加するよりも格安です。

    行政のIT化が遅れているということは、
    市民へのサービスが低下することだけでなく、
    ITベンダーの餌食になるということなのです。

    まだまだコンプライアンスすら浸透していませんから、
    IT統制やJ−SOXまでとなると
    本当にいつになることかと思ってしまいます。

    せめてソフトウェアの開発の手法などは、
    もっと勉強してもらわないと、どんどん税金が無駄に使われてしまいますね。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック