calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

無料メルマガ!ほぼ月曜日発行

ブログランキング

↓ 応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

グローバル化と言いながら施策の実態レベルは無い

0
    おはようございます!吉田やすひろです。

    京都の福知山市でもグローバル化、ボーダレス化という言葉が、
    総合計画などには多く掲載されていますが、
    実際の経済界で使われている言葉の意味とは、
    かなりズレがあるように感じています。

    例えば、行政が考えるグローバル化は、
    ホームページ、防災マップやゴミ焼却のパンフレット、
    案内掲示板などの多言語表記がグローバル化という感じです。

    福知山市は海外との姉妹都市もありません。
    国内では島原市ということですからもちろんグローバルではありません。

    さらに商工会議所に加入している企業、商店でも
    海外との取引がある企業は1社あるかないかだと言うことです。

    この状態でグローバル化に対応するとはどういうことなのでしょうか?
    新聞やニュースなどではグローバル化とよく聞きます。
    それを聞いて福知山市で対応していくとは何をさすのか?

    例えば、
    現在、福知山市には全体の1%約800名の外国人が住んでおられます。
    第2外国語を話せる市民もかなりいます。

    その方々に有償ボランティアなどでお手伝い頂いたり、
    福知山出身者で都会で働いている人もたくさんいますから、
    探せばその中で海外のかけ橋になってくれる人もいるのではないかと思います。

    私のような個人でも共同出資で中国の大連と上海に会社を作れたくらいですから、
    行政が真剣に考えて行動すれば簡単なことだと思います。

    これこそ、出来るならば成美大学とのコラボレーションを行えばいいと思います。
    大好きな観光と組み合わせて、海外留学やホームステイなども一緒に・・・

    ただただ世間一般で使われている言葉を使うだけでは、
    何も実現できないし、実際に現地に行って肌で感じて、
    しっかり勉強し、福知山市のグローバル化への対策を
    提示するべきではないのでしょうか?

    中身の無い言葉には、実現の可能性はゼロです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     せめて年金資産運用だけでも守れる金融法制確立を訴えたい。年金資産2000億円が大半消失したニュースが流れているが、日本の証券取引委員会や金融庁は国内のヘッジファンドすらまともな監督が出来ていないようなのだ。  本日2月24日(金)の日経新聞1面だけでなく
    • 国民の生活が第一は人づくりにあり
    • 2012/02/24 11:22 AM