calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

無料メルマガ!ほぼ月曜日発行

ブログランキング

↓ 応援よろしくお願いします! にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

学校の勉強は終わっても生涯勉強は必要!

0
    こんにちは!吉田やすひろです。

    先日、新入社員の皆さんは、
    入社式を終わられて約1週間が過ぎました。
    少しは通勤や会社、仕事に慣れてきたという感じでしょうか?

    おそらく新入社員の中には、
    やっと学校の勉強から解放されて、
    これで試験もない社会人になれたと
    思っている人も多いと思います。

    残念ながら実際はそうではないのです。

    たしかに学校を卒業して社会人になってしまうと
    積極的に勉強をする人はかなり少なくなります。

    資格を取ったり、会社での昇進試験以外は
    ほとんど勉強という勉強はしないでしょう。

    どこか勉強は学生の仕事、社会人は仕事をすればいいという考えや
    仕事を通じて勉強しているという考えがあるからかも知れません。

    学校の勉強は、授業や教科書で記憶したことを、
    暗記や記憶に任せて、通常100点満点の問題に対して解答します。
    これは記憶力や問題の慣れによる勝負ということになります。
    そしてテストの結果は、いくら頭がよくても、記憶力がよくても
    100点しか取れないし、悪くても0点しかない。
    これが学校での勉強と試験の結果です。

    しかし、社会人になると毎日が試験だと思って欲しいのです。
    それは同僚や先輩、上司だけでなく、
    お客様にも毎日評価されているのです。

    もちろん、学校の勉強と違って、
    仕事はカンニングをしても、誰かに聞いても、
    ネットで調べても、書籍で調べても問題はありません。
    しかし、試験は100点満点という限度はなく、
    無限大だと思うことではないでしょうか?

    数字だけでみると、学生時代には100点と0点で
    比較されたとしても差は100しかありませんが、
    社会人になって無限大と0点と比較されるとどうなるでしょうか?

    100という差ではなく、1000、1万、10万などと
    想像がつなないような差が生じてしまうのです。

    そのため、決して学生時代だけで勉強を放棄するのではなく、
    社会人になってこそ、勉強をする必要があると思います。

    いまは、ほとんどの人が勉強しないので、
    1日1時間でも勉強すれば1年で365時間の差が
    つくことになります。日数で言えば約15日間です。

    では、社会人になっていったい何を勉強すればいいのか?

    まずは書籍を年間で100冊以上読んでみてはどうでしょうか?
    必ず1年後に自分でわかるくらいの変化に気づけると思います。

    | 1/27PAGES | >>